後継者が居ないときはどうする?

お墓の後継者が居ないときはどうなるの?お墓の引っ越しをしたいときはどうすればいいの? - お墓の後継者が居ない場合と支払い方法の変化

お墓の後継者が居ない場合と支払い方法の変化

霊園にはいろいろなスタイルの霊園があります。日本のお墓は元々は、代々承継され続けるものでしたが、核家族化や、少子化、晩婚化、非婚率、離婚率の上昇などにより、一代で使用しなくなってしまうお墓も年々増えてきているそうです。

こうしたケースにも対応した霊園はあるのでしょうか。前述したように現在の日本のライフスタイルはどんどん変化しています。その為、この先もずっと長い間新しく建てたお墓が守られていく可能性も低くなりつつあります。
こうしたお墓事情が浮上した事によって、近年では承継者を必要としないお墓が増えてきているそうです。
寺院や墓地の管理者が管理をする永代供養墓、合葬墓、等はその代表的な物で、その他にはロッカー式で遺骨を預かる施設や、仏壇式の設備を持つ、納骨堂等があります。
これらの施設は、後継者の心配をする必要が無い他、経済的な負担も、新しくお墓を建てるよりも軽くなると言われています。その為、希望者が年々増えてきているそうです。

xbgftrsereaライフスタイルの変化と共に、お墓の代金の支払い方法も変化してきているそうです。
本来ならば、一括か分割などでお墓を建てるのが一般的ですが、近年では後継者の心配の要らないお墓も増えてきている事もあり、クレジットカード払いを取り入れている業者も増えてきているそうです。
クレジットカードの支払いが出来る業者であれば、マイレージやその他各種ポイントの取得も出来るので、お得感を感じながらお墓を建てる事が出来ると言う訳です。
元々のお墓が地方の霊園にあり、結婚や転勤等をきっかけに引越しする事になった場合、元々のお墓が遠くなってしまう事から、なかなかお墓参りに行けなくなるケースは良くあります。
こうした場合には、お墓も一緒に引越すと良いのですが、そう言った事は出来るのでしょうか。

お墓の引越しの事を改葬と言います。
元々のお墓から、別のお墓へ遺骨の埋葬地を変更する事です。結婚や引越しの他に、少子化や核家族化等も影響して、現在守っているお墓を維持出来なくなる時には、改葬する事が出来ます。
改葬を考える方は年々多くなって来ていると言われており、その理由は都市部への人口集中や、一人っ子同士の結婚等の社会的な背景も影響していると言われています。

改葬をするには、改葬先の墓地や、霊園を決める必要があります。
家を引越しする時と同じように、引越し先を先に決めなくてはなりません。
その為に新しくお墓を建てると言うケースも多くあるそうです。
改葬をするには気になるお墓の費用も新規でお墓を建てる時と同じように掛かりますし、そう簡単な考えで行う物ではありませんが、やむを得ず改葬する場合には、出来るだけ自宅からお墓参りに行きやすい霊園等を探すと良いと言われています。
お墓参りしやすい環境が整っていれば、供養のためにお墓参りに行く事も容易になりますし、例え仕事で忙しくてお盆やお彼岸の時期を外れてしまっても、自分の都合によりお墓参りをする事が出来るようになります。