東京都心部には地下にも巨大な交通ネットワークが広がっている

都営地下鉄と東京メトロは、系列は異なっても同じ「地下鉄」ということから、路線図では「地下鉄の複合路線図」として取り扱われています。これは、地下鉄のみならずJRなどへの乗換をわかりやすくするためのものです。
出典:https://www.new-skyliner.jp/asakusa-line/


都営地下鉄の路線図は大雑把には西から東方向へ進む形で描かれています。新宿の隣の新宿三丁目でメトロ丸の内線と副都心線に、市ヶ谷で南北線とJR線とメトロ有楽町線に乗り換え接続しています。
出典:https://www.new-skyliner.jp/sinjyuku-line/



東京都心部には、地上のJRや首都高速道路だけではなく、地下にも巨大な交通ネットワークが広がっています。それが地下鉄ですが、東京都心部の地下鉄には「東京メトロ」と「都営地下鉄」の2種類のタイプが存在します。東京都心部の地下鉄事情に初めて触れる人の中には、乗継や切符購入時において分かれていることに驚く人も多いものです。
出典:https://www.new-skyliner.jp/tokyo-subway/


都内の地下鉄の路線は複雑!

日比谷線は東京メトロが運営する地下鉄です。東京都の目黒区の中目黒駅と足立区の北千住駅を繋ぐ路線です。鉄道要覧の名称は2号線日比谷線、名称の由来は路線の途中にある日比谷公園の日比谷という名前です。路線図や車体、乗り換え案内で使用されるラインカラーはシルバーです。
出典:https://www.new-skyliner.jp/hibiya-rain/


日比谷線は東京観光では外すことなできない多くの観光地を通過しています。そこで、日比谷線沿線の観光地についていくつかご紹介します。恵比寿駅には恵比寿ガーデンプレイスがあり、クリスマス時期のツリーやシャンデリアも見逃せません。
出典:https://www.ysonline.jp/hibiyasen/


採用しているリニアインダクションモーター推進方式は、大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線に次いで、都営地下鉄大江戸線が日本で2番目です。都営地下鉄の路線の中では唯一、他社路線との直通運転をしない路線です。
出典:https://www.new-skyliner.jp/oedo-line/


東京~千葉は国内外から多くの観光客が集まり混雑は当たり前

ホームページのメニューから「電車・駅のご案内」を選択すると出てくる項目の中に「路線図」があります。そこを選択すると北総線を中心に成田空港駅、京成線上野駅、都営浅草線西馬込駅、羽田空港国内線ターミナル駅までのそれぞれのルートについて列車種別毎の停車駅が分かる駅一覧が表示されます。
出典:https://www.ysonline.jp/hokusousen/


「ベイサイド・ステーション」は、6つあるディズニーオフィシャルホテルの中でも、ヒルトン東京ベイ、ホテルオークラ東京ベイ、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルが近いです。「東京ディズニーシー・ステーション」は、ディズニーシー、ディズニーシーホテルミラコスタの最寄り駅です。どちらも駅を出て目の前にあります。
出典:https://www.ysonline.jp/disney-line/


押上線は浅草やスカイツリーといった観光地から、日本の玄関口の一つとなる成田空港がつながっていることもあり、非常に多くの観光客が利用する線です。国内の観光としても用途が広く、一つの路線を利用することで、幾つか代表的な観光地を回ることが出来るという点を活用しています。
出典:https://www.ysonline.jp/oshiage-line/


都電荒川線を利用して観光に行く場合は、まず一日乗車券を購入すると運賃の心配をせずに観光することが出来ます。一日乗車券は400円で、全ての都電荒川線駅の乗り降りが可能です。
出典:https://www.ysonline.jp/todenarakawa/