いまシニア世代を中心にとても人気が高まっている「マレットゴルフ」という協議をご存知でしょうか?
昔でいうゲートボールみたいな、ゴルフの簡易版みたいなスポーツですが、運動経験の少ない方でも楽しんでできるのが特徴です。
高齢者などが適度に屋外で体を動かせます。
マレットゴルフの打ち方は、練習することでコントロールなどの正確性が増していきます。
詳しい打法の解説はYoutubeの動画を参考にするのも良いでしょう。

ぜひ、詳細もご確認下さい。→マレットゴルフ 打ち方

次にマレットゴルフの打ち方で、基本事項を解説します。
球の打ち方としては、マレットボルフ専用のスティックのフェイス面でボールを打ちます。
他の部分で打った場合はペナルティーになりますので正確にフェイスに当てましょう。
股打ち・押し打ち・かき寄せ・すくい上げといった打ち方はペナルティーです。
ちなみにマレットゴルフの「マレット」とは、木槌を使って行うゴルフという意味で、木槌のことを「マリット」と呼ばれていたことに由来します。
木槌というか、今はスティックと読んでいますが。